水晶細工        

約千年前、景勝地「御獄昇仙峡」の奥地金峰山周辺から、水晶原石が発見されたことに始まります。発見当時は原石のまま置物などに珍重されていました。約250年前に御獄「金桜神社」の神官たちが、京都の「玉造」に原石を持参し加工させていましたが、天保年間(1830年〜1844年)に玉造り職人を迎え鉄板の上に金剛砂をまいて、玉の手磨き法を習得したのが、水晶加工の始まりです。

天然宝石の特徴を活かした作品が多く、同一作品は他にありません。
工程は原石の造形と研磨の二つに大きく分けることができます。鉄ゴマを回しながら“透かし彫り”“浮かし彫り”“深肉彫り”“線彫り”“平押し彫り”の5つの技法を使い分けて彫刻していく“摺り”は水晶貴石細工の生命です。

【皇室の三種の神器の一つ八坂瓊勾玉が、甲州水晶細工の原点です】

伝統工芸士、叙勲(勲七等青色桐葉章)の、一瀬正一の制作による作品を、ご覧下さい。



     観音    
         翡翠製 *観音(約30cm)       グリーンアベンチュリンクオーツ製*観音 (約30cm)            翡翠製*観音(約28cm)                 


鳳凰 
瑪瑙製  鳳凰一対(縦約20p)                             瑪瑙製*闘牛



飾面   般若  恵比寿大黒
           瑪瑙製* 飾面(18cm)                瑪瑙製*般若面(18cm)            瑙製*恵比寿、大黒20cm


        
  
    瑪瑙製*蓋付菓子鉢(内径15センチ)                瑪瑙製*皿(直径18cm)           瑪瑙製*皿(直径15cm) 


    
 瑪瑙製*取り皿                               瑪瑙製*グラス

   

    めのう
   メノウ 
         (材質)瑪瑙                        (材質)瑪瑙              
      コーヒーカップ 1客                     コーヒーカップ6客
  
          

瑪瑙湯のみ    瑪瑙急須

      瑪瑙 の 湯飲み                      瑪瑙 の 急須           
                                           
         
猫

ジャスパーの猫


ご意見、ご感想、ご要望等ございましたら下記フォームにて、お聞かせ頂けたら幸いです。

[ご住所}: 
[お名前]:
[E-mail]:(半角) 
[ご意見・ご感想]:



 ピアス&イヤリングのページ  ネックレス・ブレスレットのページ   ペンダントトップのページ  オリジナルジュエリーのページ


ホームに戻る